So-net無料ブログ作成
検索選択

チェストの修理 [家具]

妻の友人にチェストの修理を頼まれました。

重量級のご主人が毎朝玄関で使用していたらしく、4本の足のほぞ接着がすべて外れて脚がグラグラになっていました。本来なら、分解して組み直すのでしょうが、座面の生地や飾り鋲の部分は傷んでいないため、また雰囲気をそのままにするため、ほぞ接合部に接着剤を流し込み、補強材を追加して対応することにしました。

修理完了したチェスト。外見では何も変わっていませんが。 

 01.jpg

修理前の裏側です、一部隠し裏地が敗れています。

 02.jpg

 裏地を外したところです。座面のクッションなどは傷んでなく、脚さえしっかり固定できれば問題ない状態でした。

03.jpg 

四隅に補強部材を当てたところです。

04.jpg

台輪の形状が微妙な曲線なので、型紙を作成しました。しかしあまりぴったりとは行かないかったですが、補強材です。

05.jpg 

脚と台輪の3点を接着剤とビスで固定しました。

06.jpg 

裏地を張って完成です。有り合わせの生地だったのでちょっと派手ですが、いつも見えないので良しとしてもらいました。

07.jpg 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: